2008年03月22日

インドの数学とSMATH

NHKでだいぶ前にやってたインドの教育事情の特集。

その中で数字を使ったゲームSMATHが紹介されてた。


すごく欲しかったんやけど、なぜか日本のAmazonとかで取り扱ってなくて買えなかった。 (Amazon.comの方も海外への発送不可になってた。)


あきらめてたら、なんと知り合いがアメリカ土産で買ってきてくれたexclamation×2


早速やってみた。

ゲームは、「スクラブル」の数字版みたいな感じで、数字と四則演算記号(+、−、×、÷)を使って式をボードに並べて得点を競う。

ルールは簡単だけど、特典が3倍になるマスとかをうまく使ったり、相手の作った式にちょこっと数式をつけ足して「たなぼた」的に得点を稼いだりと勝つための作戦はいろいろあって面白い。

日本でも取り扱えばいいのに。



posted by とれ丸 at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード


afdojo.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

楽天市場とAmazonの売れ筋(売り上げ)ランキング

アマゾン楽天の売り上げランキングを表示しています。
Powerd bysitelogo.jpgAmazon横丁

Apple Store(Japan)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。